読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JJtortueのWonderful Life

小さな田舎町に住んで、働いてるけど、私が見て、経験した事を綴ります。

近況報告 彼の精一杯の優しさ

1回、香港旅行の記事をお休みして帰国後の事を書くことにします。

私が帰った後の亀夫さんは何もなかったように普通でお土産のハンコも喜んでくれた。いつも以上に優しく感じるのは気のせいなんかじゃないかな。私が別れてやるって思ったの通じた?私の誕生日に温泉に行こうと言ってくれた。お互いの仕事が忙しいの分かっているから近場でって。お部屋に露天風呂がある所を探すって。恥ずかしながら今だに時々、お風呂はいって一緒に入る事があるので、普通なんだけどね。


そんな話をしていたら、職場で来月に大きいイベントの仕事があって、私も亀夫さんも実行委員なの。それも、私の方が本部で準備しなくてはいけない。亀夫さんは長が付くので当日、顔を出して挨拶する人なんだけど、会議が私の誕生日に開かれる事になってしまった。何とか別の日にしたかったんだけど、亀夫さんより偉い人のスケジュールで決定。一緒に休む?ってLINEを入れたらお説教でした。それでも、翌日に行こうって言ってくれて宿も1日ずらすのもOKだったらしく、1日遅れるけどお誕生日の温泉旅行は何とか行ける事になった。この前は頭ごなしに怒鳴られたけど、今回のお説教は優しく仕事は仕事だから、責任もってちゃんとやらなきゃ駄目だって怒鳴るような事はしなかった。同じ建物の違うフロアにいる私に会いに来て、ちゃんと言葉で言ってくれたしね。

f:id:JJtortue:20160917111647j:plain

素敵な胡蝶蘭でしょ?残念ながら誕生日プレゼントではなく亀夫さんがプライベートでたまに開く笛の演奏会でもらってきた物です。大きくて床に直接置いちゃった。


私達、同じ方向を見ていけるかな?