読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JJtortueのWonderful Life

小さな田舎町に住んで、働いてるけど、私が見て、経験した事を綴ります。

SAKURA restrant

ホイアンの街は幻想的で、観光客で賑わう美しい街だったわ。オープンカフェベトナム料理のレストランが並び、ベトナムにいながらもハノイやダナンとは違う雰囲気を楽しんだ。私達はベルトラさんのホイアンナイトツアーに申し込んでいたので、食事が付いていました。サクラレストランという何とも日本人受けしそうな名前。本当にSAKUR restaurant という名前なの。cherry blossom ではありません。昔は日本人が、経営してたらしい。ここはホイアン名物料理というよく分からないレストランでした。

f:id:JJtortue:20170327211347j:image

有名なのがこれ、ホワイトロースとちつらしい。焼売と蒸しワンタンというか、初めて食べる感じ。

f:id:JJtortue:20170327211519j:image

揚げワンタンです。オレンジのソースはチリソースで甘辛くて、パリパリしていて美味しかった。

f:id:JJtortue:20170327211648j:image

日本のご飯茶碗くらいのサイズのお茶碗に麺類。うどん並みの太さがあって、やはりパクチーが山盛りで、汁はほとんどなし。これは、置いといて、f:id:JJtortue:20170327211933j:image

焼飯だそうです。チャーハンよね?

デザートは写真撮るのを忘れたが揚げバナナです。これは熱々で出て来て美味しかった。

ベトナムの人はサクラが大好きだとガイドが話してくれました。

f:id:JJtortue:20170327212313j:image

このお店だけでなく、あちこちに桜の形のランタンがありました。気候のせいか、ベトナムに桜の木はないそうです。とても美味しかったです。パクチー以外はベトナム料理大好き。日本橋からそう遠くない場所にあります。賑わっていましたよ。

ホイアン

ホイアンという街をご存知ですか?街全体が世界文化遺産として登録された古い港町で、日本、中国、ベトナムの建築様式が混ざった建造物が立ち並び、ベトナムの観光スポットの目玉となっている場所です。ダナン市街地から車で約40分。フルムーンフェスティバル、ランタンで有名よね。私達は夕方にホイアンに向かったの。タクシーやバイク、自転車の乗り入れも禁止されているらしく、大勢の観光客が優雅に徒歩で見て回っていた。

f:id:JJtortue:20170326145333j:image

有名な日本橋です。日本人によって造られたとガイドは説明していました。2万ドン札に印刷されているシンボルね。観光チケットが必要らしいけど、通り過ぎるだけなら必要ないんだって。よく分かんないわよね。

f:id:JJtortue:20170326145702j:image

まだランタンに灯りが付く前の街並みです。オープンカフェだらけ。海のシルクロードの重要地点だったらしく、シルクの製品のお土産屋さんもたくさんありました。

f:id:JJtortue:20170326150106j:image

途中で食事して、出てきたら薄暗くなりランタンに灯りがついていました。日本の提灯のようだけど数が多いのですごく綺麗。観光客はロシアンやヨーロピアンが多くて、アジア系肩身狭いわ。

f:id:JJtortue:20170326150323j:image

f:id:JJtortue:20170326150343j:image

お見事。一応、このランタンは売っているけど、日本とベトナムは電圧が違うので使えないんだって。外国の色々な街を散策してきたけど、本当に素晴らしいわ。ダナン市街より賑わっているし、基本、みんな徒歩だから道路も傷んでなくて綺麗なの

f:id:JJtortue:20170326150648j:image

この街は、ぜひ夜に訪れてください。建物も素晴らしいから昼間でも楽しめるかもしれないけど、来て良かった。私はベトナムが大好きです。

ツアーでダナン市街より往復送迎と食事、ガイドの案内が付いて五千円でお釣りが来る感じ。f:id:JJtortue:20170326150956j:image

こういう灯籠を川に流させてくれるの。もっと環境を大事にするわ必要があるわ。決して水に溶ける素材ではなさそうだもの。でも取りあえず願いを込めて流しました。港町だから少し風が強かったけど、その風も気持ちいいと感じます。本当に素敵な街でした。今度はホイアンに泊まってもいいかな。

チャム彫刻美術館

ベトナムという国の歴史は、戦争や侵略の記録だ。内戦あり、フランスに侵略されたり、いわゆるベトナム戦争があったり。その戦争で数々の国宝や遺跡を失ってしまったようです。

f:id:JJtortue:20170325221239j:image

チャム彫刻博物館です。ロン橋のすぐ近くにある観光スポットです。

2世紀から14世紀にかけてベトナム中南部に栄えていたチャンパ王国の遺物や彫刻が展示されています。そんなに大きくないし、入場料は日本円で200円くらいです。

f:id:JJtortue:20170325221854j:image

f:id:JJtortue:20170325221930j:image

外国の博物館や美術館ってフラッシュは禁止だけど写真撮影はokayという所が多いわね。

チャンパ王国はヒンドウー教が信仰されているみたい。現在は半分以上が仏教らしいわ。

f:id:JJtortue:20170325222314j:image

中にはガイドと一緒のヨーロピアンやロシアンがたくさん来てました。英語だけど、耳を大きくして一緒に聞いていたわ。全部を見て回っても30分といつところね。世界遺産のミーソン遺跡に行く予定のある人は事前に勉強するのに安心出来るわ。ミーソン遺跡は今も発掘は続いているみたいです。

音声ガイドは英語のみあります。私は博物館や美術館巡りが好きなので楽しみました。

 

 

ホテルのプールとルーフトップバー

今回の旅の目的は休息。昼間はホテルのプールでウダウダして過ごした。ちなみに貸し切りだったわ。

f:id:JJtortue:20170323213251j:image

4階にジムとプールとスパがあるの。そんなに大きくないけど空いてるし、プールバーもあった。

f:id:JJtortue:20170323213426j:image

昼間だし、ジュースを注文しました。でもsugar?と聞かれるのに少し抵抗があるのよね。ジュースに砂糖入れる人いるのかなぁ?

このプール手前は120cmだけど奥に行くにつれて深くなるの。154cmの私では辛いもんがあったわ。

f:id:JJtortue:20170323213914j:image

こっちがジム。プールもジムも夜は11時までです。私は他の人が使っているのを見ませんでした。

昼食はホテルのルーフトップバーへ。ランチもやってるとのことだったので。

f:id:JJtortue:20170324184545j:image

f:id:JJtortue:20170324184629j:imagef:id:JJtortue:20170324184737j:image

やっぱりパクチーが山盛り。おかわりのパクチーまで付いて来たので、避けてしまった。うーん、どーしても美味しいと思えない。さすが、ホテルのルーフトップバーだけあって素敵な雰囲気でした。

ブリリアントホテルの朝食

朝食は付いてるプランでしたのでホテルの2階にあるレストランで頂きます。もちろんバイキングスタイルです。レストランの従業員も笑顔でフレンドリーです。good morning!

ベトナムの朝食と言ったらフォーかしら?

f:id:JJtortue:20170321200335j:image

f:id:JJtortue:20170321200421j:image

f:id:JJtortue:20170321200452j:image

卵料理とヌードルはお兄さんに頼むと作ってくれまふ。お粥、パン、フルーツ、サラダ、カレー、各種の料理が並び、とても食べ切れません。

f:id:JJtortue:20170321200701j:image

やっぱりベトナムなんだからフォーよね。でも案の定、パクチー攻撃。何にでもパクチーの香りがする気がする。果物はイマイチ。シーズンが違うのかな。普段は朝食をほとんど食べないんだけど、旅行の時は食べちゃうの。でも、ジュースをオーダーする時に必ずsugerと書かれるのはなぜ?オレンジジュースに砂糖入れて飲むのかしら?量も種類も十分。f:id:JJtortue:20170321201205j:image

各テーブルには花も飾られていて、気分の良い1日が始まります。

 

ブリリアントホテル ダナン

今回はダナン市街地にあるブリリアントホテルにお世話になります。ビーチとどっちにするか悩んで、ビーチよりもプールを選んで、観光に便利な市街地のホテルにしようと。ちょっとだけ、頑張った自分にご褒美をということで⭐️4っのホテルにしました。

どのガイドブックにも載っているロン橋から歩いて5分程度。ダナン空港から車で10分程度の立地的には最高の場所にあります。

f:id:JJtortue:20170320212955j:plain

17階建てのホテルです。

f:id:JJtortue:20170320213402j:plain

龍の形のロン橋。夜はライトアップされて綺麗よ。

f:id:JJtortue:20170320213526j:plain

7階のデラックスルームです。2ベッドルームでまあまあの広さでした。

f:id:JJtortue:20170320213739j:plain

部屋にはフルーツが置いてあり、クローゼットの広さも十分。テレビも大きいし、BSNHKは映ったわ。

窓も大きくて、少し開くの。日本語が話せるスタッフはいないけど、英語は皆んな通じます。フロントしか話せないって所もあるから。とてもフレンドリーで親切なスタッフ達。バスタブも大きくて、お湯の量や水圧にも問題なし。客層は私が行った時は、7割がヨーロピアン、1割がチャイニーズ、2割程が日本人でした。

次回、ダナンに来ることがあったら、またここを選ぶと思います。

f:id:JJtortue:20170320214517j:plain

バスルームがガラス張りだったの。一応、ロールカーテンを降ろして使用していました。亀吉と一緒なんで。

タラップとベトナムの行列

 

大好きな ベトナムだけど、嫌な所もある。

今回は10日前の申し込みのせいもあって、直行便が取れなくてホーチミン経由なんです。成田のベトナム航空のカウンターで、webチェックイン済みだと話してあったけど、ホーチミンで自分でピックアップをして、係員の指示に従えと言われました。うーん、面倒だ。

 

f:id:JJtortue:20170319093915j:plain

まず、タラップって初めての経験。こんなふうになっているのね。そして、やっぱり暑い。タラップを降りるとバスがいるの。

f:id:JJtortue:20170319094242j:plain

現地の係員が、transitのステッカーを服の上に貼り、国内線ターミナルの手前で荷物を預かりました。そして、嫌いな所 です。行列。カウンターは大行列にも関わらず2つしか空いていない。人がいない訳じゃないのに。

f:id:JJtortue:20170319095318j:plain

成田では同じターミナルだって言われたんだけどね。国際線は第2 ターミナルで国内線は第1ターミナルです。チェックインから手荷物検査まで1時間は並んだわ。トランジットに余裕がないと厳しいわよ。

英語がよく通じない職員もいるし。

何とか無事にダナンに到着した時は疲れ果てたわ。ジメジメした暑さはベトナムに来たって感じになれる。とりあえず、ブリリアントホテルが私の滞在先なのでホテルに向かいます。