JJtortueのWonderful Life

小さな田舎町に住んで、働いてるけど、私が見て、経験した事を綴ります。

オーランド シューベック

ついに帰国日。私の飛行機は19時発。市内から空港まで1時間もかからないので、ホテルにスーツケースを預けて、再度、マリエン広場に向かいました。まずは朝食。この日は何も考えずにフラリと来てみた。日本賞レストランを昨日見かけたので、そこを覗くと、ラーメンが12€。ちょっと、日本食なんて帰ったらいくらでも食べれるよ。となり、またホフブロイハウスでもいいかな、なんて歩き出したら、近くに素敵なレストランを発見。

f:id:JJtortue:20180121211215j:image

オーランド?なんか開店してそう。すぐに友人がネット検索。かの有名なアルフォンス シューベック氏が経営するレストランだって!

f:id:JJtortue:20180121211413j:image

シューベックは、ドイツの料理人、特にミュンヘンで活躍する方で、日本で言えば道場六三郎先生みたいな、ドイツで彼を知らない人はいないと言っても過言ではない位のスターシェフ。予約は必須と書いてあるが、ちょっと行ってみよう。ダメなら仕方ない。

f:id:JJtortue:20180121213015j:image

空いてるし。相変わらず、店に入ってもウエイターさん達は知らん顔なので、ズカズカ入ってmay I ?と聞く。するとYESと言うのよね。初めからハローって言ってくれればいいのに。と思った。

f:id:JJtortue:20180121213245j:image

お決まりの白ソーセージだけど、このソースがシューベックさんのオリジナル。上手い!昨日のホフブロイハウスも美味しかったけど、ちょっと違うわね。

f:id:JJtortue:20180121213426j:image

やっぱりハムか。ハムとチーズはお腹いっぱいだけど、何を頼んでいいのか分からなくて。

f:id:JJtortue:20180121213607j:image

ホント、何回も書くけどパンが美味しい。

f:id:JJtortue:20180121213646j:image

そして、シューベックオリジナルのジャムが小瓶だけどまるまる1個出てきた。これは、もったいないと思ったけど、このチェリージャムが絶品!チェリーのジャムなんて食べたことなくて、半信半疑で食べてみたけど、買って帰りたい!と思うくらい美味しかった!

f:id:JJtortue:20180121213902j:image

本日は帰国なのでビールではなくティーを頂きました。もちろんメニューにはビールもありました。

優雅な朝食。テラス席もあるんだけど、そちらに座るには寒すぎて。今回のヨーロッパの旅ではテラス席に座ることは出来なかったな。

f:id:JJtortue:20180121214119j:image

f:id:JJtortue:20180121214142j:image

気付いたら、この広場はシューベックの専門店の集まりで、紅茶、スパイス、チョコレート、ワインなどなど、たくさんの食材を扱っているらしく、観光客も多くいました。まだ早朝だよん。私も白ソーセージに付いていたハニーマスタードとジャムをゲット!ソーセージも買って帰りたいけど、日本に持ち込めないもん。紅茶の専門店には日本の緑茶もあるのよ。宇治茶とかあってビックリ。ジャパニーズグリーンティーで1つだけあるのかと、思ったらジャパニーズグリーンティーだけでも数種類あるじゃん!

ホフブロイハウスの本当に近くで、窓から見えるくらいなので、ミュンヘンに行ったら、忘れずにチェックして。ランチからカレーがあったの。食べてみたかった。だって、すごいスパイスたくさん売ってるんだもん。デザート食べたかったけど、私の胃はドイツの方よりもとても小さいらしく、入りません。スタッフも気さくで雰囲気、良かったわよ。

 

ラーツケラー

さて、明日は帰国日。夕方の便なので、旅行の食事はこれが最後。ハムとチーズは1年分くらい食べた。普段、あまり飲まないビールもたくさん飲んだ。それでも最後の夜は地元の人達で賑わうバイエルン地方の料理、欧州料理の専門店ラーツケラーミュンヘンを選びました。絶対に混んでる時間帯、夜の7時過ぎ。それも金曜!私達は予約なしでラーツケラーに行きました。

f:id:JJtortue:20180120181955j:image

案の定、超混んでる!ドイツのこういうレストランは自分で席を見つけないと、永遠に座れないの。たまたま片付けてる最中のテーブルを見つけて、may I?と聞いたら、sure と言われたので座ることが出来ました。観光客も多いけど、地元の人達も多い。

f:id:JJtortue:20180120182333j:image

ここは入り口に6カ国位のメニューが置いてあって、自分で取って席に着くの。ウエイターは日本語が分からないけど、メニューに写真があるのでthis one で大丈夫よ。飲み物も料理も、本物のメニューの方が種類が多いので、そちらもチェック。

f:id:JJtortue:20180120182653j:image

テーブルの上には花も飾られています。ここは、他の店と比べるとそんなにデカ盛りじゃないと聞いてたけど、周りを見渡すと、日本人には多いだろ!嫌、私には多いよ!ここもシェアで済みました。

f:id:JJtortue:20180120182852j:image

とりあえずビール。ホフブロイとは違って普通のグラスだった。ピルスナーって、私には美味しく感じられた。スッキリしていて、そんなに苦くなくて。スーパードライしか飲みません!という人には向いてないかも。

f:id:JJtortue:20180120183113j:image

へへ。またスープ頼んじゃった。ポテトスープです。クリーミーで、カリカリベーコンが美味しくて、これは美味しかった。ドイツのパン大好き!

f:id:JJtortue:20180120183254j:image

これが名物シュバイネハクセ!豚のスネ肉の料理なんだけど、ウエイターのおじさんが切りわけてくれました。みんなにやるのか分からないけど、親切で気さくなウエイターのおじさんだった。3段に重なってるのは前菜の盛り合わせ的なやつ。ソーセージだったり、ハムだったり、あー、ここはどいつなんだーって感じられる料理だった。これ、細い美人のお姉さん、一人で食べてた。どこに入ったの?f:id:JJtortue:20180120183734j:image

赤いのは紫キャベツのザワークラウトだと思う。ポテトが変わっていて、まん丸のマッシュポテトだと思ったら、揚げてあるの。それに、たぶん小麦粉も混ざって、まるでニョッキ?真ん中にチーズかな?味があって、写真じゃ分からないとは思うけど、おにぎりサイズ。うーん、前菜なんて頼むんじゃなかった。

f:id:JJtortue:20180120184052j:image

これは、これで美味しかった。2人前で約60€でした。シェアしてるからね。ドイツでは高い部類のレストランだそうです。日本みたいに2万も3万もディナーに使わないのよ。

私達が店を出るときには更に混んでいて、入り口に行列が出来ていました。マリエン広場の新市庁舎の地下にあります。すごーく広くて、テーブルの数なんて100位あるんじゃない?と思えるけど、混んでるので予約するのがおススメ。ビールだけじゃなくワインも有名みたい。世界のベスト100ワイナリーに選ばれているんですって。次回はワインを頼もう。

f:id:JJtortue:20180120185207j:image

食後、荷造りのためにホテルに戻りました。帰りたくない!帰りたくないよー。

 

 

 

ミュンヘンの教会

f:id:JJtortue:20180119195408j:image

マリエン広場から見た聖ペーター教会。ここはミュンヘンで最も古い教会です。最初の建築は12世紀。現在の姿になったのは17世紀だけだ、何回も改築を重ね、様々な建築様式が混在する形になった。アルターペーターの塔には登る事が出来ます。階段だけど。塔からミュンヘン周辺の最も美しい景色が見られます。と書いてある。その景色が

f:id:JJtortue:20180119115040j:image

f:id:JJtortue:20180119115124j:image

確かに。なんて綺麗なのかしら。昼間、新市庁舎に登って見た時とは全然違う景色。すごく綺麗な夜景だった。昼間、天気が良ければ遠くにアルプスを見渡すことが出来るらしいので、次回は昼に登ってみます。

f:id:JJtortue:20180119193342j:image

下から見るとこんな感じ。階段は300段もあるし、すごく狭いけどミュンヘンの素晴らしい景色を見ることが出来ます。

f:id:JJtortue:20180119193752j:image

撮影禁止だったけど、気付かずに1枚だけ撮っちゃった。でも1枚だけ。中も素敵。明るければ白で統一された内部をもっと綺麗に撮れたと思うけど、中は暗くてひっそりとしていました。天井画が素晴らしいと聞いたけど暗くて見えなかった。もうヨーロッパの教会を見る度にクリスチャンになろうかと思っちゃう。宗教観は私達、日本人には理解出来ない何かがあるのよ。当然、第二次世界大戦で、壊滅的な被害を受けてるけど、真っ先にこの教会が再建されました。

f:id:JJtortue:20180119203525j:image 

こっちはミュンヘンのランドマーク的な存在のフラウエン教会です。レンガで出来た後期ゴシックで三身廊を持つ大聖堂はなんと22000人を収容出来ます。

1488年に建築されましたが、戦後の復興は遅く、1994年に修復が終了しています。ここには悪魔の足跡があります。教会の内部から窓が見えないにも関わらず、内部は明るい光に溢れているので、悪魔が悔しがって地団駄を、踏んだんですって。時間がなくて見に行くことは出来なかったけど、新市庁舎から見た時とにとても印象的だった。f:id:JJtortue:20180119210056j:image

 

これは、影が出来てしまって、上手く写真に収めることが出来なかった、ミヒャエル教会。切妻屋根は教会らしくないけど、ルネッサンス様式の大きな教会です。正面の像は、バイエルン地方を800年に渡って統治したヴィッテルスバッハ家の歴代の王の像です。内部にはヴィッテルスバッハ家の人が41人埋葬されています。私はここが教会だなんて思わなくて、中を覗いていません。何という間抜け!

 

 

 

 

マリエン広場

ホテルで休んでいた友人とマリエン広場で待ち合わせ。薄暗くなって来たクリスマスマーケットは昼間より大勢の人が集まって来ています。

f:id:JJtortue:20180117002919j:image

道路の真ん中で演奏。素敵だったわ〜

思わずバイオリンケースに2€入れちゃった。

f:id:JJtortue:20180117003113j:image

クリスマスツリーのイルミネーションも素晴らしい。昼間も見たけど、夜の方が幻想的で、心がワクワクしちゃう。

f:id:JJtortue:20180117003253j:image

本当に都市によって、マーケットも特色があるの。ミュンヘンはフルーツを売る屋台がたくさんあったな。

f:id:JJtortue:20180117003420j:image

これ、気に入っちゃった。周りを水飴でコーティングしてあるの。パリパリってしてて、フルーツの酸味と水飴の甘みがマッチして、美味しかった!4€くらいだった。少し高いけど、この日は2本食べちゃった。

f:id:JJtortue:20180117003712j:image

新市庁舎のバルコニーで演奏が始まりました。クリスマスのムードが満載だよー。でも、こういう時にこそスリに注意を!

f:id:JJtortue:20180117112100j:image

マリエン広場の噴水です。この噴水は14世紀にはあったと確認されています。昔はみんなここまで水を汲みに来ていました。復活祭の45日前にあるAsh Wednesdayにお財布をここで洗うと1年間、お金に苦労せずに済むみたい。地元の人はここでよく待ち合わせをします。

f:id:JJtortue:20180117201907j:image

暗くなって来たけど、空の色が綺麗でしょ。ここに来てようやくお天気になって嬉しい!ミュンヘンのクリスマスマーケットは本当に大勢の人で賑わっていました。グリューワインを片手にソーセージやポテトを摘み、家族や友人と過ごしているの。さすがに、ドイツ人でもこの季節は外でビールは飲まないのか、マーケットにあんまりビールは見えなかったな。

f:id:JJtortue:20180117202244j:image

黄昏時の新市庁舎。こんな所で働いてみたい。私達の旅はもうすぐ終わりです。9日もヨーロッパを旅させてくれた家族に感謝です。

亀吉から、バイエルンミュンヘンのユニフォームを買ってきてくださいとおねだりのメールが届いてた。そう言えば、ドイツもサッカーが人気で、日本人もたくさんこっちのチームに所属してるよね。中でもバイエルンミュンヘンはとんでもなく強い!と亀吉が教えてくれました。バルセロナ程ではないけど、すぐに売ってる店を発見出来ました!

f:id:JJtortue:20180117202843j:image

本当にこのマリエン広場の周辺に観光名所が集まってくれて、時間のない私達は助かりました。今度は、ミュンヘンだけを目的に来ようと思います。もっともっとドイツを旅したい!

 

レジデンツ ミュンヘン

新市庁舎の見学を終えた私達は、やっぱりクリスマスマーケットを覗きに行きます。

f:id:JJtortue:20180115022030j:image

ずーっと続いています。マリエン広場だけではないの。あちこちに、屋台が続いていて、見ていて全然飽きない。

f:id:JJtortue:20180115022205j:image

長靴の形のグリューワイン。ワインの味はお店によって少し違うのよ。ここでは白ワインのグリューワインが売ってたけど、無難に赤にしておきました。

f:id:JJtortue:20180115022339j:image

甘い物を食べたくなって、クレープを注文。メニューが書いてあるんだけど、ドイツ語分からない!でも絶対にチョコレートはあるだろうと思って、チョコレートと頼んだら、お姉さんがバナナ?って聞いてくれたのでグレイト!いやぁ、このチョコレートが甘い!すごく甘い!グリューワインに全然合わない!クリスマスマーケットをずっと辿って行ったら、中央駅に着いてしまった。さっきトラムに乗った距離を歩けるもんだな。少し頭痛がするのでホテルで休むと言う友達と別れて、私は再びトラムに乗ってマリエン広場に戻りました。

向かったのはレジデンツバイエルン王家の王宮。現在は4つの博物館と宝物館になっているとチェックしたんだけど。

f:id:JJtortue:20180115124006j:image

マリエン広場でとりあえずトラムを降りて、オデオン広場を目指します。黄色いテアティーナ教会が目印なので迷わないわ。

f:id:JJtortue:20180115124216j:image

広場の中心には将軍堂が。これは連戦連勝のバイエルン軍の将軍を称えて、国王ルートヴィッヒ1世が19世紀に作らせました。テアティーナ教会は王家の教会で歴代の君主も眠っていて、夏には王家の墓所の見学も出来ます。

f:id:JJtortue:20180115210623j:image

f:id:JJtortue:20180115210752j:image

レジデンツは最後の王、ルートヴィッヒ3世が退位するまで500年の間、バイエルン王家の居城でした。歴代の王が増築や改築を重ねて現在の姿になったので、ロココ様式、バロック様式 ルネッサンス様式などが混在する。

f:id:JJtortue:20180116115546j:image

現在は劇場と4つの博物館になっています。レジデンツ博物館とレジデンツ宝物館が有名ね。でもね、入れなかったの。人もいないし、閉まってるし、なんで?シエスタタイム?いや。ここはドイツだし。見たかった!アンティクヴァリウム!なんで??今でも分かりません。こんな素敵な王宮、中側も素敵に決まってるわ!礼拝堂ではモーツァルトも演奏したのよ。絶対にまた来るわ!

f:id:JJtortue:20180116124702j:image

目の前のテアティーナ教会も素敵。夏に来よう!

 

 

新市庁舎 ミュンヘン

朝食後、いや、昼食後かな?ミュンヘンと言ったら新市庁舎でしょ!とマリエン広場に戻りました。もう、マリエン広場と言えば、新市庁舎みたいにそびえ立ってるわ。

f:id:JJtortue:20180114091647j:image

1867年から1908年にかけて建設されたネオゴシック様式の市庁舎で、3つの建物で構成されています。市庁舎の部屋も400もあるんだって。素敵!

f:id:JJtortue:20180114092236j:image

有名なのがドイツ最大の仕掛け時計グロッケンシュピール。この時計はほとんど聖金曜日諸聖人の日を除く毎日午前11時と正午に動き出します。約10分間32体の人形が華麗なダンスや演奏を繰り広げます。夏の間は夜の9時にもあります!1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロレーヌ公女レナーテの結婚式を再現してます。私達がマリエン広場に着いたのが正午の5分前!もうたくさんの人が場所取りしてました。夏はもっと混んでるらしいわ。この時、みーんな上を見て、両手でスマホを持って撮影するのでスリが狙ってるらしい。気を付けて!この人形は等身大なので、少し離れていてもよく見えるわ!

f:id:JJtortue:20180114093100j:image

マリエン広場もクリスマスマーケットが開かれてるので、観光客や地元の人も多いのよね。私達は仕掛け時計の時間を調べて行った訳でもなく、たまたま見る事が出来ました。

f:id:JJtortue:20180114113956j:image

ここの塔に登る事も出来ます。

f:id:JJtortue:20180114140237j:image

これがエレベーターの入り口。あまり並んではいなかったかな。中庭に向かうとあるんだけど、分かりにくいのかな。4階まで行ってそこでチケットを買ってから塔の上まで行くエレベーターに乗り換えます。 6€だったかな。

f:id:JJtortue:20180114155734j:image

f:id:JJtortue:20180114165044j:image

f:id:JJtortue:20180114165118j:image

塔の上からは360度、景色が見渡せます。寒い!そんなに高い塔ではないけど、他にも高い建物はない。こっちの人がスカイツリーとか見たら驚くね。

f:id:JJtortue:20180114165328j:image

上から見たマリエン広場。クリスマスマーケットの屋台が並んでいます。10時から夜は7時まで、ここに登れるそうです。たくさんの観光客で賑わってます。時々、日本人も見かけました。今やドイツのクリスマスマーケットは日本でも有名だものね。

この旅行も明日で終わり。帰りたくないよー!

f:id:JJtortue:20180114165912j:image

 

ホフブロイハウス

ミュンヘンの朝は、お天気も良くて気持ちいい朝でした。ミュンヘンのホテルは朝食抜きにしたので、シャワーを浴びて、早速、行動開始。

ここでドイツの交通事情を説明します。すごく交通の便はいいです。高速道路はタダだし、ものすごく大雑把に言うとU bernは近郊電車  S bernは地下鉄。その他にトラム、市バスと大きい都市は本当に便利です。切符はまぁ、長距離は別として旅行者用の1日券とか買うと、乗り放題になっちゃう。ミュンヘンはほとんどの観光地がマリエン広場周辺にあるので、中央駅前の停留所からトラムに乗るととても便利だった。

f:id:JJtortue:20180111125817j:image

一日券を買おうと、目の前の駅に行ったの。ネットで調べると券売機で買えるし、日本語で買える券売機もあるって書いてあった。でも、英語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、中国語。日本語ない!ドイツ語分かんない!英語で探しても1日券はない!えー?どうやって買うの?ツーリスト用の窓口は大混雑!そしたら、一つだけ、広告?と思ってた一際大きいボタンがそうだった。それに気付くまで30分かかったわよ。これか。他のネットでは日本語になる券売機あるって書いてあったけど、ほとんどない。日本語の代わりに中国語になったらしい。

ようやく切符の買えた私達は、駅の目の前の停留所からトラムに乗り、マリエン広場に向かいました。トラムで5分くらい。

f:id:JJtortue:20180111143713j:image

大抵のお店は10時から始まるみたい。まだ9時30分。でもね、朝食を食べる店は決めてあったの。

f:id:JJtortue:20180111144810j:image

ホフブロイハウス。1589年に国王の為のビールとして創設され、世界一有名なビアホール。バイエルン州文化遺産です!ミュンヘンを訪れる旅行者が必ず訪れる人気の店。ビアホールだけど朝の9時から開店してます。

f:id:JJtortue:20180111145336j:image

1階がビアホール。2階はレストラン、3階はショーなどが見られるシアター。1階の中庭はビアガーデンになってます。夜は連日、大混雑らしいので、早く来ました。基本は長机で相席です。すごく広くて、何人入るのか分からない。サービスは決して良くない。勝手に入って、メニュー見て、決まったら定員を探して呼ぶ!でないといつまでもオーダー出来ない。

私達はまず英語メニューを頼む所から。持ってきたお姉さんに、おすすめは?と聞くと特にないと言われたわ。でも、有名なヴァイスヴルスト、白いソーセージは人気があるわね。と教えてくれた。

f:id:JJtortue:20180111185157j:image

これがそのヴァイスヴルスト!

f:id:JJtortue:20180111185308j:image

ハムの盛り合わせ!

f:id:JJtortue:20180111185347j:image

これは4個あったから、2人でシェア。写真を撮るのを忘れたけど、私はオニオンのスープも頼んだ。そして、

f:id:JJtortue:20180111185510j:image

飲みかけでごめんなさい。朝からビール。でも、これはハーフサイズの500㎖。普通のは1ℓよ!普通のは重くて腕が痛くなりそう。さすがビールの国ドイツ。空いてるとは言え、朝からビール目当てのお客さんが結構いるわよ。私達は結構ゆっくり、食事をしたので、昼前には、沢山の人が料理を楽しんでいました。

f:id:JJtortue:20180111185923j:image

ヴァイスヴルストは皮を剥いてね。そのままかぶりついちゃダメよ。ハニーマスタードが美味しいの!私はハニーマスタードを買って帰ろうと心に誓ったわ。

f:id:JJtortue:20180111190103j:image

店員さん達は、ドイツの民族衣装でおもてなし。中はこれぞドイツって感じだし、オクトーバーフェスってこんな感じなのかな。

ミュンヘンに行ったらホフブロイハウスに行ってみて。これぞドイツ!これぞドイツ文化!で楽しめます。店員のお姉さんはとても気さくよ。片手に1ℓのジョッキを4個ずつもって運んでいたわ!ここは最高に楽しんだわ。チップは10%よ。カードで支払ってもチップは現金で渡してあげて。