JJtortueのWonderful Life

小さな田舎町に住んで、働いてるけど、私が見て、経験した事を綴ります。

カフェ スミニャック

さぁ!午後も少し遅めにスタート!ホテルの近くにあるビンタンスーパーマーケットに行きますよ!ガルンガンのおかげで、珍しいバリの風景も見られたけど、スミニャック通りは閉店してる店も多くて、目星を付けていたお店も閉まってたので、ビンタンスーパーマーケットのすぐ隣にあったカフェスミニャックでランチすることにしました。遅めだったせいか、空いてたし、バリに住む外国人らしいカッコいいご婦人が1人でこーひーなどを飲んでいる姿はカッコいいと思って、入ってみました。

f:id:JJtortue:20180621191105j:image

新しいお店ではなさそう。でも、外国人観光客を呼び込む工夫が見られます。美味しいのかなぁ?

f:id:JJtortue:20180621220156j:image

私がオーダーしたのは、ナシチャンプル。75000ルピアでした。日本円にすると600円弱。日本からすると安いけど、こちらでは観光客価格だわ。煮卵、串が付いてるのはサテ。野菜炒めみたいなのと、エビ煎餅、ご飯と何だか分からないものが1つ。美味しかったわよ。煮卵は日本の方がずっと美味しい。

f:id:JJtortue:20180621220749j:image

これが何だか分からない物。何なのかな??

f:id:JJtortue:20180621220843j:image

飲み物はオレンジジュースにしました。氷が入ってなくて、あんまり冷たくないけど、味はよし。暑いからすぐに生温くなっちゃたけど、氷入りは不安よね。

f:id:JJtortue:20180621221121j:image

ここに、日本の女の人が、3人で来ていました。20代かなぁ??えっくすきゅーずみー、大声で叫んで、アイスクリームプリーズ!3人で店中に聞こえる程の音量で話してた。恥ずかしい。同じ日本人に見られたくない。あのえっくすきゅーずみーは、ムカつく言い方。日本人は英語、出来ませんって全体で表現してたな。もう少し、勉強が必要ね。いくらプリーズを付けても失礼な言い方ってあるのに。

 

カフェ スミニャックはガイドブックにも載ってないお店だけど、入りやすいし、味は悪くない。スミニャックビンタンスーパーマーケットのすぐ隣です。バリに行くチャンスのある方は、おススメします。

yogurt republic in Bali

午前中はホテルのプールでのんびりして、シャワーを浴びたら、街に繰り出してみることにしました。お土産も買わなくちゃいけないし、何より今回の旅行は短期間だから、バリの街並みも見ないと!

この日は、日本で言ったらお盆のど真ん中。可愛いお店が多いとガイドブックに書いてあったけど、半分近くのお店が閉まってました。残念!

f:id:JJtortue:20180620210934j:image

人通りも、多いんだか、少ないんだか分からないけど、多分少ないんだと思う。

まず、日光浴で火照った身体を冷まします。ホテルからすぐ、ホントに2分位歩いた所に、フローズンヨーグルトのお店がありました。ガイドブックに載ってた!お店もインスタでも気にしているのか、すごく可愛い!

f:id:JJtortue:20180620211210j:image

お客さんは、私ともう1人。数種類あるフローズンヨーグルトをカップに自分で入れて、トッピングも自由。グラムでお会計するシステム。日本にも似たようなのあったなー

f:id:JJtortue:20180620211427j:image

カップでかいんですけど!上からチョコソースかけちゃったら、カラフルなトッピングが台無しになってしまった。果物や、チョコレート、ビスケットとか、トッピングの種類はたくさんあります。お店の中は冷房が効いてて涼しいの。バ バリは壁なしのお店とかあるからね。こっちでは、フローズンヨーグルトが流行っているそうです。が、多分、地元の人は来ないんだろうな。700円くらいだったから。こっちの価格では高いもの。

f:id:JJtortue:20180620211837j:image

何 少なめに盛り付けたつもりだったけど、以外と多い。でも美味しかった!7個買うと1個タダになるスタンプカードくれたけど、もう買わないし。

 

続いては、同じくスミニャック通りを歩いて、アシタバというカゴバックとか専門で扱っているトコに入りました。みんなに、コースターをお土産に買いました。

f:id:JJtortue:20180620212156j:image

可愛いわね。きっと日本人が多く来るんだろうなぁ。日本語の案内があり、店員は下手くそな日本語を話してました。バリ風家具とか素敵だったけど、持って帰れないので、見るだけ。

適当に買い物が終わったら、ホテルに一度戻りました。お腹は空いてないし、暑いし、スミニャックビレッジ行くの面倒になっちゃった。後で、海外では毎回恒例のお土産はスーパーで買うため、バンタンスーパーマーケットに行きます。

大阪地震にお見舞い申し上げます。

地震、お見舞い申し上げます。亡くなられた方には、心からご冥福をお祈りします。怪我をされた方には1日も早く、元気になられますようお祈り申し上げます。被害にあわれた方達が、早く元の生活を取り戻すことが出来ますように、何か私にも出来る事があればお手伝いしたいと思います。

 

どうか、これ以上の悲しみがこの国に訪れませんように。

ホテルのプール

結局、12時間でカデさんに支払ったのは8千円でした。ホントに1日中楽しませてもらっちゃった。ホテルの前に送ってもらって、また会いましょうってお別れしました。次にバリに来た時もカデさんにお願いしようと思います。ぜひ、オススメの滝を見に行きたいわ。

 

ホテルの隣にあるコンビニで飲み物を買って、部屋に戻りました。ちょっと疲れたので、シャワーだけざっと浴びて、すぐにウトウト。日本とは時差が1時間なので、友達や亀夫さんにメールしただけ。

 

f:id:JJtortue:20180617222257j:image

3日目の朝ごはん。昨日と同じレストランで食べました。昨日とほとんどメニューは変わってないけど、種類も多いし、味はそんなに悪くない。暖かい食べ物もあるし、ヨーロッパのホテルと比べたらマシよ。でも、ホテルのレストランの割に、サービスはどうなのかなぁ??ガルンガンだから、いつもと違うスタッフなのかもしれない。愛想がいいのはマネージャーらしきお姉さんだけ。

f:id:JJtortue:20180617222759j:image

バリのホテルや、スーパー、大きなお店の前には必ずガードマンがいるの。私が宿泊したホテルは、誰かが、タクシーや、ガイドの車で出入りする度に、笛を吹きます。結構、耳につく。まぁ、以外とテロ被害の多い場所だから仕方ないのかな。

 

食後、私が部屋で着替えて向かったのは、プールです。

f:id:JJtortue:20180617223206j:image

今日は完全、休養日にする予定。今日もいい天気。朝の結構早い時間に行ったんだけど、プールサイドのベッドはどれも人がいた。みんな早ーい。一応、日焼け止めをして、ゴロゴロ。

f:id:JJtortue:20180617223648j:image

ガルンガンでガイドさん達も今日はたくさんお休みするって昨日カデさんが言ってた。今日はホテルにゴロゴロする人、多いのかな?

バリには、主要な観光地を巡るクラクラバスが走っています。ツアーバスなんだけど、停留所で乗り降り自由。私も日本から1日券を予約してあるんだ。

今日は後でお土産を買わなくちゃ。それにしても、贅沢な時間。誰も私を知らないし、アジア人もいないから、平気で水着でゴロゴロ出来ちゃう。日本じゃ絶対無理。たまに、逃げ出してしまいたくなって、私はホントに逃げ出すんだけど、来れてよかむた。帰りたくないよー。もっと長くいたい。

ワルンでディナー

この日の予定はこれで終わりです。カデさんはどこまでもお付き合いしますと言ってくれてるけど、ガルンガンのバリ人をいつまでも拘束しておく訳にはいかないわよ。ワルンに行きたいですか?って言われて、ワルンなら。どうせご飯は食べなきゃいけないし、ホテルのご飯は高いしね。サンセットの後の道路はとても混んでるので、ワルンに寄るとちょうどいいって言ってたからね。ヒンドゥー教は豚肉は食べないのでは?と聞いたらお坊さんだけです。だって。ポークリブの美味しい店にいきましょうって、ワルンに連れて行ってもらいました。

f:id:JJtortue:20180616225945j:image

外国人を連れているので、小さいワルンではなく、レストランと言ってもいいくらいのワルンに行きました。バリのこういう建物、壁ないんだよねぇ。普通の家にはあるけど、セキュリティとかどうなってるのかな。閉店後はどうしてるんだろ?

f:id:JJtortue:20180616234311j:image

ワルンって調べると、家族経営の質素な食堂もしくは日用品を売る店ってでるけど、ここはレストランだよねー。私は事前に予習しておいたナシチャンプルを食べてみたかったけど、カデさんオススメのポークリブにしました。カデさんは、ナシゴレン

とりあえず、ビンタンビールで、今日はお疲れ様でした。

f:id:JJtortue:20180616234856j:image

だいぶ飲みやすいビールといか、軽い口当たりって言うか、ベトナムで飲んだビールと似てるかな。カデさんは、ホントはお酒が大好きなんだって。ビール1本くらいでは、全然酔いませんって、私達、車だよねー??あ、インドネシアは大丈夫です。って言われたけど、もうこれ以上はダメよって、1本ずつ。

隣のグループは韓国人だったし、奥には日本人かなぁ?地元の人が来るようなワルンではないみたい。

外には何故だかブランコがあった。流行ってるんだなー、ブランコ。

f:id:JJtortue:20180617063249j:image

来ました。インドネシア風のポークリブ。旗が付いてる!これはハーフサイズです。ホントの1人前はこれの倍!野菜とご飯は少しなのが笑える。でも、インドネシアのお米も美味しく食べれました。インドネシアの料理は基本的に甘辛。私には辛いが少し勝つんだけど、これは辛さがマイルドで美味しかったわ。ビールにもよく合うの。まさか、お子様ランチじゃないよね?

 

今日は行けなかったけど、ぜひ見せたい滝があるんです。今度、バリに来た時、見せたいです。ってカデさんが言ってた。すごく綺麗ですよーって。来月来てください。って、来月は無理よ~。毎月、海外旅行に行けるほどのセレブじゃないし。でも、バリはリピーターが多いって言うの、分かるわ。日本人にとって過ごしやすい。ハワイと同じような距離で、ハワイより物価が安くて、日本人も少ない。食べ物も美味しいし、海が綺麗!バリ人達は、みんな明るくて面白いもの。私もまた来よう!

バリのサンセット タナロット寺院

タマンアユン寺院の次は、私がどーしても見たかったバリのサンセットです。ガイドブックにも掲載されているタナロット寺院にカデさんは連れて行ってくれました。私達がついた時はすでに駐車場はものすごくて、不思議なことにサンセットの前に帰る人がいて、ギリギリそこに車を止められたの。その時、すでに空が少しオレンジに輝いていたわ。たくさん、バリのサンセットの写真を見たわ。インド洋にゆっくりと沈むオレンジ色の太陽。絶対、自分の目で見たい!サンセットがあまりにも有名で、ものすごい人で溢れかえっていたわ。

f:id:JJtortue:20180615200707j:image

実はこれがタナロット寺院。サンセットはこちら側の公園みたいになってる場所から見ます。もう何百人いるんだろー??

f:id:JJtortue:20180615200818j:image

あー、夕陽ね。そんなにオレンジには見えないわね。でも綺麗。外国人カップルはずーっとキスしてた。カデさんに、ここはスリが多いからバッグに気を付けてと言われてます。

f:id:JJtortue:20180615200946j:image

公園の奥の方に移動したら、すごくない?すごく綺麗だった。自然の色なんだよ。こんなにサンセットでありがたがるなんてないよね。日本でもこんな夕陽がどこかで見られるのかもしれないけど、私は初めて見たわ。あまりにも綺麗ですぐに亀夫さんに送信しちゃったわ。

f:id:JJtortue:20180615201209j:image

もうこっちは、ほとんど沈んでしまった写真。オレンジからピンク色に空が変わったわ。小さい鳥のような、何かがたくさん飛んでいたんだけど、コウモリでした。下に洞窟があって、そこに住んでいるんだって。

ここで、知らない外国人の女の子達にナイス!ドレス!って声を掛けてもらった。もー、大声でサンキューって叫んだわよ。こちらのリゾートファッションってとても、カラフルな物が多くて、真っ白なんて誰も来てなくて、場違いかな?なんて思ってたし。カデさんも僕もそう思いますって言ってくれた。カデさん、遅いよー。

 

タナロット寺院はバリにあるヒンドゥー教の寺院です。最初の写真は潮が引いている時で、満ちている時は岩場はすべて海の下になります。あの岩場には聖水が湧き出ている場所があって、そこはヒンドゥー教徒でなくても、行けるし、お祈りする事も出来ますが、タナロット寺院自体は異教徒は入れません。バリのサンセットは1年を通して、ほとんど時間が変わらず、6時から6時半の間だそうです。駐車場から参道にはお土産屋さんや、ワルンがたくさんあります。

 

すごーく素敵だった。1日だけど、観光もゆっくり出来てカデさんに写真をたくさん撮ってもらった。まだまだ行ってない場所も多いし、また来ようかな。ちなみに、カデさんは何時まででも、お付き合いします!って言ってくれます。じゃ、最後に私を地元の人が行くワルンに連れて行ってくださいとお願いしました。カデさんも一緒に食べましょう!って誘ってみました。

 

タマンアユン寺院 バリの世界遺産

ライステラスで自然を満喫した後は、タマンアユン寺院に連れて行ってもらいました。カデさんは短期間だけど、日本の茨城県に住んでいたことがあるんですって。それで日本語がペラペラなのね。1日ガイドして8000円。車はカデさんの物で月に50000万維持費がかかるんだって。20日働いても、バリでは十分に稼いでる方なんだね。バリにはガイドさんがたくさんいて、観光客もたくさんいる。日本にもたくさん、外国人観光客が増えるといいわね。私もそのうち通訳ボランティアでもしようかな。

f:id:JJtortue:20180614070823j:image

タマンアユン寺院は、バリで1番美しいお寺なんですって。世界遺産ですよ。周りが庭園になっていて、ホント綺麗なお寺。世界遺産になったばかりですって。

f:id:JJtortue:20180614071429j:image

異教徒は寺院の中に入れなくて、周囲の回廊を歩いて見学するんだけど、塀が低いから、中はバッチリ見ることが出来ます。タマンアユンって美しい庭園という意味だそうです。ここでも、カデさんが写真をたくさん撮ってくれたので、私が写ってないのを探すのが大変だよ。

f:id:JJtortue:20180614085748j:image

f:id:JJtortue:20180614085819j:image

ちなみに、入り口とかは異教徒でも行くことが出来ます。異教徒ではないんだけどねー。無信心なもんで。バリのお坊さんは白い服を着ています。チラッと小さく写真に写っているのが見えるかな?タイなどの仏教とか違って、女性のお坊さんもいます。この空で午後4時頃だったかな。ガルンガンの影響もあるのかあまり人がいなくて、とても静かだった。何となく、パワーをもらえた気がした。

f:id:JJtortue:20180614092522j:image

お寺の前に闘鶏場があって、今でも開催されるそうです。バリの男性の楽しみの1つで、お金を賭けるんだって。

f:id:JJtortue:20180614093050j:image

帰路に続く回廊。そんなに長くないし、1周回っても、たった数分なんだけど、すごく遠くまで続いているように見える。ゆっくり、1歩1歩足を前に進めると、今、異国の地にいるんだってことを忘れてしまう。ここは、サンセットまで少し時間があったので急遽、カデさんが連れて行ってくれた予定にない場所だったけど、来れて良かった。

バリ来て良かったー!